コラム

人間関係の悩みから解放されて自由に生きる - アドラー心理学で人生を変える【ライフハック】【啓発】

更新日:

人は生きている以上、悩みが尽きることはありません。仕事の悩み、家庭の悩み、子供の悩み。この悩みの根源は何でしょうか?それはすべて「人間関係」です。人間関係の悩みを、シンプルかつ具体的に解決する方法があります

それが「アドラー心理学」です。アドラーとは、オーストリア出身の心理学者、精神科医。かの有名なフロイト博士、ユング博士と並ぶ心理学界の巨人と呼ばれています。アドラーの教えによって、人間関係の悩みがなくなり、過去のトラウマが消え、人生が楽しくなります。今、この瞬間から幸せになりたい人、ぜひ必読ください。

スポンサーリンク

ad




あらすじ

本書は、アルフレッド・アドラーの思想を哲人と青年の対話形式で描かれています。

哲人は言う、

一般社員
世界はどこまでもシンプルであり、人は今日からでも幸せになれる

そんな考えに納得のいかない青年は、この哲学者のもとを訪ね、その持論を撤回させようとしていました。誰もが悩む疑問について、シンプルかつ的確に答えていく哲人の言葉は、次第に青年の心を動かし、幸せに導いていきます。

 

本書で学ぶべき3つのポイント

嫌われる勇気で学ぶべき、3つのポイントをご紹介いたします。

  1. そのトラウマは人間関係から生まれた
  2. 自分と他人の課題を分け隔てる
  3. 世界の中心は自分ではない

ポイント1「そのトラウマは人間関係から生まれた」

トラウマとは、過去の経験を通して現在を決めているものです。これを「原因論」と呼びます。原因論は過去にあったことが、現在を構成しているという考え方です。このベクトルを逆にするのだとアドラーは言います。

過去→現在ではなく、現在→過去というベクトルです。これを目的論と呼びます。目的論は、現在から過去を意味づけするという考え方です。目的論で考えることで自分と言うものが見えてくるのです。

では、そのトラウマを生み出しているものは何か。アドラーは言います。「個人だけで完結する悩み、内面の悩みは存在しない、すべての悩みは人間関係である」悩みの元凶は人間関係であるということに気づくのです。

ポイント2「自分と他人の課題を分け隔てる」

自分は自分、他人は他人と分離します。正確に言うと、「自分の課題は自分で解決する」ということです。

この考え方は、他人に依存心がなくなるので、相手を腹立たしく思ったりすることがありません。「他人に無関心になれ」と言うことではなく、あくまで「他人の課題は他人が解決するべき」と一線を置くのです。

ポイント3「世界の中心は自分ではない」

自分が世界の中心ではなく、共同体の一部として考えます

共同体の一部として考えることで、所属感が得られ、仲間意識が芽生えます。そして今この瞬間を真剣に生きることで、過去、未来という概念がなくなり、余計な不安や悩みから解放されます。

 

本書を実践に移すためには

アドラーの教えは、具体的且つシンプルであり現実的です。人間ならば、どんな人でも当てはまる考え方です。

心理学ということもあり、今、この瞬間から変わることができます。ただ、変わる為には考えを素直に受け入れる必要があります。頭ごなしに否定的では、どんな考えも焼け石に水です。まずは「聴いてみる」という姿勢が大事です。

おわりに

アドラーは「一般的な人生に意味はない、人生の意味はあなた自身が決めるものだ」と言います。

どんな天災に見舞われたとしても、どんな戦火の渦に飲み込まれたとしても、「なぜこうなったのか?」と考えることに意味はありません。自分自身が「これからどうすべきか?」と意味を与えるのです。それを「目的論」といいます。

「原因」でモノを考えるのではなく、「目的」でモノを考えるのです。「○○のせいで、こうなった」ではなく、「○○のおかげで、今がある」という考え方です。アドラーの思想で生きることにより、人生が楽しくなり、人間関係が楽になります。今この瞬間から、幸せになれるのです。

ad




ad




おすすめ記事一覧

-コラム
-,

Copyright© SORISE , 2017 AllRights Reserved.