コラム

仕事で集中力が続かない時の対処法とは - 仕事中に集中力を高める方法【アロマ】

投稿日:

毎日の仕事でどうしても集中力というのは続かないものです。

集中力を高めて仕事の効率を上げたいという方に実践して頂きたいアロマオイルをご紹介します。

スポンサーリンク

ad




ビジネスについて回る仕事への集中力の維持という課題

ビジネスにおいてデスクワークがついて回ります。しかし、デスクワークは単調な作業であると共に企画書などではアイデアも考えながらの作業になります。集中力の維持が課題になってきますが、維持するには難しいものがあります。

多くの人は集中力が切れた場合、休憩を取ります。ただ、そこからデスクワークへすんなり戻れるとは限りません。

ONとOFFの切り替え方を自分なりに考えなければなりません。

集中力の回復におすすめしたいアロマの香り

集中力の回復には休憩とそこから仕事へ戻る切り替えが必要です。新たな気持ちで取り組めるようサポートしてくれるのが、“ペパーミント”の香りです。

ポイントは3つあります。

  1. ONとOFFを切り替える力で集中力を取り戻す
  2. 締め切りが近くなり不安になったときに活力を与える
  3. 脳への刺激でアイデアの発想力を高める

1. ONとOFFを切り替える力で集中力を取り戻す

ペパーミントの爽快感が頭をリフレッシュするのに最適なのは周知のことですが、ペパーミントの切り替えの力は実験でも立証されています。

入眠の話にはなってしまいますが、リラックスする優しい香りだけが入眠に必要とは限りません。リラックス効果のアロマで眠れない時にペパーミントを一滴嗅ぐことで眠りに就くことができると証明されています。

これは、ペパーミントが起きている状態から睡眠の状態へ切り替えることで眠りに就くことができたのです。

2. 締め切りが近くなり不安になったときに活力を与える

ペパーミントは冷静さを失ったときに平常心へ戻す力があります。

締め切りが近づき、不安で焦りが出たときに「一気に片付けてしまえば大丈夫だ」という気持ちにさせてくれる香りです。

3. 脳への刺激でアイデアの発想力を高める

ペパーミントの香りは感性を研ぎ澄ませる効果があります。そのため、アイデアが煮詰まった状態を打破してくれるとても頼もしい精油です。ミントのタブレットのCMでもあったように頭をシャープにすることが出来ます。

身近でアロマを活用する方法

ペパーミントをオフィスで活用できる方法を4つ紹介します。

  1. オフィスに置けるもので芳香浴を実践する
  2. カバンやポケットに入れて持ち運ぶ
  3. 目を休めると同時に気持ちを切り替える
  4. 目覚めのシャワーで気を引き締める

1. オフィスに置けるもので芳香浴を実践する

芳香浴とは香りを揮発させることでアロマを使用する手段です。デスクにキャンドルと専用の器具を置くスペースは無いので、“マグカップ”を用います。

マグカップにお湯を注ぎ、1〜2滴のペパーミントの精油を垂らします。すると湯気と共にペパーミントが香ってきます。

2. カバンやポケットに入れて持ち運ぶ

香りを持ち運びたいという時に役に立つのがハンカチです。

ハンカチに1滴精油を垂らしておくとどこでも香りを嗅ぐことが出来ます。

この際の注意点は白などの色の場合シミになってしまう場合があります。精油を垂らすのであれば濃い色のものがおすすめです。

3. 目を休めると同時に気持ちを切り替える

少々の裁縫をする時間があるならば、アイピローを作ってみるのも手です。

ペンケースのような形に作ります。その後ろ側に小豆を布で閉じ込めるとできあがりです。電子レンジで少し温め、開閉出来るところにはガーゼに精油を垂らしたものを入れます。

簡単なホットアイマスクになりますので、目の疲れを休め、ペパーミントでリフレッシュも出来ます。

4. 目覚めのシャワーで気を引き締める

朝のシャワーは頭をクリアにするのに最適です。そこにペパーミントがあればより一層効果的です。

方法は簡単です。お風呂場で足下に精油を2〜3滴垂らして普段通りシャワーを浴びます。お湯で温められて揮発しますので芳香浴と同じようになります。

こちらの注意点は精油を直に肌に垂らさないことです。皮膚への刺激性がありますので肌が弱いとかぶれの原因になります。

おわりに

ペパーミントを上手に使うことで仕事の効率を上げることが出来ます。

精油の価格は1800円〜と高いと感じるでしょうが、使用する量が少ないためすぐになくなることはありませんので持っておくと便利です。

ペパーミントで集中力の向上を図りましょう。

ad




ad




おすすめ記事一覧

-コラム
-,

Copyright© SORISE , 2017 AllRights Reserved.