コラム

ビジネスでの不安やストレスをアロマで解消 - 過度なストレスと向き合うために

投稿日:

仕事をしているとどうしても不安になることが多々あると思います。

「締め切りが近づいているのに中々書類が出来上がらない」や「大事な会議を控えているのに不安で準備が捗らない」などです。

仕事を始めたばかりの時には特に経験することではないでしょうか。こういった時に気分を抑えたい方におすすめしたい事があります。是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

ad




ビジネスマンが抱える仕事への不安

ビジネスに於いて切っては切れないのが仕事への不安です。仕事への不安は中々解消出来ないものです。

緊張して眠れない、書類が上手く書けているか心配、その他では上司と上手く付き合っていく方法が見つからず悩んでいる等不安は尽きません。

この不安が溜まりに溜まってうつ病などの精神疾患に繋がるケースも少なくありません。

不安とは上手く付き合っていかなければなりません。是非実践して頂きたいことがあるのでご紹介します。

アロマセラピーの活用術

アロマセラピーは気分転換によく使われる手段です。良い香りだから気分が変わるんだという考えを持つ方は多いです。

しかし、ちゃんとした根拠が証明されています。嗅覚の刺激が脳に伝達されることにより効果を発揮するというメカニズムがあります。

次の項目では一番良く知られているラベンダーの活用術をご紹介します。

ラベンダーには知られているようにリラックス効果があります。こちらを上手く取り入れるとストレスが軽減されることは間違いないです。

不安を解消するのにおすすめしたい活用法

アロマテラピーを実践するに当たっていくつかの手段があることはあまり知られていないかも知れません。
また、安いものは精油と呼べるものではない可能性が高いです。少し値が張っても、きちんとした精油をお使い下さい。
ここでは3つ使用方法を紹介します。

  • 就寝前の芳香浴で気持ちを落ち着ける
  • いつものお風呂にアロマバスを取り入れる
  • ハンドセラピー、足湯で心身共に温める

就寝前の芳香浴で気持ちを落ち着ける

芳香浴と効くとお風呂に入れるのかと思うかも知れません。しかしこの方法は専用のアイテムに水を張り精油を2、3滴入れ下から無香のキャンドルで炙って香りを拡散させる方法です。
この専用アイテムは、100均でも販売されています。上にお皿があり、下にキャンドルを入れる空洞があるものです。キャンドルもまた100均で10個入りのものが売られています。下にはキャンドルを、上のお皿には水と2、3滴の精油を入れます。そして、キャンドルに火をつけます。炎で炙られ精油が揮発し、部屋に香りが充満します。
これがメジャーな使い方です。

いつものお風呂にアロマバスを取り入れる

この方法はとても行いやすいです。
疲れを取るために湯船につかる方は多くいらっしゃいます。この湯船につかる前に精油を5滴ほど加えかき混ぜることで、いつのも湯船で温まりリラックスするのに加えラベンダーの香りで不安感も解消することが出来ます。

ハンドセラピー、足湯で心身共に温める

ハンドセラピー、足湯も簡単です。
不安で眠れない時に洗面器などの桶に熱めのお湯を張り、精油を3滴ほど入れます。
ハンドセラピーは肘下くらいまで浸すのが良く、足湯は足だけで大丈夫です。手足が温まるくらいまで続けると、温かくなり入眠しやすいほか、ラベンダーの香りで気分も落ち着けます。

アロマで心も身体もリラックスする

アロマテラピーは現在、病院でも資格所持者(アロマセラピスト資格)が活躍し始めています。
それだけアロマの有効性は注目されているのです。
知識のない方でも様々なアロマの楽しみ方がありますので是非試して頂きたいです。
精油の種類は多く、効能もそれぞれです。
この先も社会での問題別にアロマを紹介していきます。

ad




ad




おすすめ記事一覧

-コラム
-,

Copyright© SORISE , 2018 AllRights Reserved.