コラム ビジネススキル

激務を超えて「働くこと」の意味 - 激務コンサルの父親から息子への手紙

更新日:

外資系コンサルに努めてかなりの年月が過ぎました。数年前に、息子が就職活動を始めた時に贈った手紙(特定されそうなので編集済)を公開します。

共感や批判はあるかもしれないけど、「こんな価値観の中で働いてる人がいるんだなぁ」と感じてくれればうれしいです。
(本記事は友人からの寄稿になります。Nさん、ありがとうございます!)

なぜ手紙を書いたのか

息子の就職活動という仕事を考える上での参考になればと思い、手紙を書きました。

MECEでもなんでもないですが、私が息子に伝えたかったことを下の3つです。(どこまで伝わったかわからないけど笑)

<私が息子に伝えたかったこと>

  • 働く意味はなにか
  • 仕事をしている中で何を大切にすればよいのか
  • 困難に立ち向かうためにはどうすればいいのか

息子の就職活動が始まったときに書いた手紙

駄文で申し訳ないですが、手紙です。

●●へ

学生生活も終盤に差し掛かって、就職活動がもうすぐ始まるので、忙しい日々を過ごしているのではないでしょうか?

小さいころから自由な発想と行動力を兼ね備えている●●なら、就職活動はたぶん楽勝だと思います(これは親バカね(笑))

~~~個人的な内容なので、省略~~~

働くにあたってお父さんが●●に伝えたいのは3つです。

  • 働く意味はなにか
  • 仕事をしている中で何を大切にすればよいのか
  • 困難に立ち向かうためにはどうすればいいのか

働く意味はなにか

働くということは自己満足です。これは間違いないです。

自分のやりたい仕事をやってください。

”何かをやり遂げた時”、”何かを成し遂げた時”、本当に心から喜べる仕事(仕事じゃなくてもいいよ)をやってください

会社に勤務するなら一日の7~12時間は仕事の時間になります。

その時間は有限であると理解し、自分の人生を有意義に使える仕事を選んでください

仕事をしている中で何を大切にすればよいのか

激務で忙殺されていると、家族との時間や自分の趣味だったり、自分の価値観がぶれてくることがあります。

自分の価値観を大切に生きてください

もちろん他者の意見を聞き、多様性を受け入れることは重要です。それらをふまえて自分の心のコンパスの指針を大事にしてください。

困難に立ち向かうためにはどうすればいいの

困難に出会ったときは、自分のスキルと気合で乗り切るしかないです(意外とほんとね笑)

ここでいうスキルは自分の周りに頼ることができる仲間をどれだけ増やすことができるかも含めてです。

だから、自分のケイパビリティに満足することなく、常にアップデートし続けて、自分の刃を研いでおくことが重要です。

~~~個人的な内容なので、省略~~~

 

働くことが楽しいって、すごく大事

この記事は、激務を推奨しているわけではないです。

働くことって楽しいことばかりじゃないのも事実で、辛いこととかやりたくないことが9割位で、楽しいことが1割位な時期もあったりします

でも、人生の大半の時間を過ごすのは仕事の時間だったりするわけです。だから、その時間が自分にとって充実した時間になればいいと思います。

私は激務でしたけど、周りにいた仲間と一緒に企業を改革していくことが楽しかったです。そして、それぞれのプライベートや価値感を尊重し合える仲間と働いていることを誇りに思っています

自分の仕事に責任をもってほしいということです。その職場で働くことも自分の選択の結果です。辞めて違う会社に行くこともできます。

自分が”自分の人生の舵を握っているのだ”と強く自覚をして、人生という航海をしてください。

後日談:某戦コンへ就職。そして、起業家としてシリコンバレーへ。息子からの絵ハガキが届く

後日談ですが、手紙をもらった息子は、某有名な戦略コンサルへ行き、3年で退職しました。

起業してすぐにシリコンバレーで起業し、楽しく過ごしているようです。

シリコンバレーにいる息子からの紙の絵ハガキが届きました。そこには一言だけ、息子の字で。

「最高にエキサイティングな人生送ってる!!●●(名前のサイン)」

言うことを全然聞かない息子ですけど、ちょっとほっこりしました。その手紙が来たので、この記事を書いたのでした。。

駄文で失礼しました。。あなたにとって、良い時間をすごせますように!!

ad




おすすめ記事一覧

-コラム, ビジネススキル
-,

Copyright© SORISE , 2019 All Rights Reserved.