コラム ビジネススキル

コンサルファームでアベイラブルになったら - アベイラブル期間への処方箋

投稿日:

コンサルティングファームに所属していると、プロジェクトが終わると、次のプロジェクトに参画するまでに期間が空くことがあります。

コンサルティングファームの中ではこのことを「アベイラブル」と言われており、「●●君はアベイラブル」や「●●君はアベっている」など形容詞や動詞的にも使われます。(つまり、会社内で仕事がない期間ということです)

コンサルティングファームにいた経験をもとに、コンサルファームのジュニア向けにアベイラブルとはどのようなこと、その期間になにをすればよいか解説します。

アベイラブル期間とは(会社内で仕事がない期間とは)

繰り返しになりますが、アベイラブルの期間とは、会社内で仕事(クライアントワーク)がない状態を指します。

<アベっている時のデメリット>

  • チャージができない(自身のKPIに稼働率がある場合、評価で不利になる)
  • 周りからの視線が痛かったり、評判が落ちる(プロジェクトがたくさんあるのに、アサインされない場合)
  • なんとなく気持ち的にきつい(気がする笑)

アベイラブル期間は社内で経験を積むべし(提案活動や社内活動)

ただ、アベイラブルになっても不利益だけが与えられるわけではありません。

アベイラブル期間にできることは多岐にわたりますので、自分の磨くための自分にするか、家畜のように餌を与えられるの待っているかは自分次第です。

<アベイラブル期間でできること>

  • 提案活動(ディスカッションペーパーの作成や提案書作成、クライアントとのディスカッション、プロジェクト組成など)
  • 社内活動(スキルによりますが、マーケティング支援やセキュリティ更新、ナレッジマネジメントの構築などなど)
  • 自分探し・休暇(バケーションを取得し、数週間の休みを取り、自分を探したり、英気を養う笑)

パートナーやディレクターと提案活動をすべし

もしアベイラブルの状態にいるのであれば、休暇を取るパートナーやディレクターと提案活動をすることをお勧めします

提案活動は、ファームの中での最先端のプロジェクトだったり、強めたい領域だったりするので、直接かかわり、知識をインプット~アウトプットまで体験することができる貴重な機会だからです。

<提案活動をおすすめする理由>

  • 提案活動は、コンサルファームが強めたい領域であり、その領域に直接かかわることができる
  • 知識をインプットし、アウトプットまでできる
  • ディスカッションすることにより、自身の知見を深めることができる

クビにはならないけど、楽しめないならコンサルファームに向いてないかも

アベイラブル期間が長くなってきても、ある程度はクビにはなったりしません。(Up or Outのファームは少なくなってきています。)

ただ、自身がおかれている状況を打開もしくは、楽しむことができない場合、コンサルタントに向いていない可能性があります。

クライアントの課題をするコンサルタントですから、自身のキャリアや課題の解決はできるようになりましょう。

 

ad




おすすめ記事一覧

-コラム, ビジネススキル
-

Copyright© SORISE , 2019 All Rights Reserved.