ビジネススキル

習慣を変えることで目標達成する - 人生を豊かにする7つの習慣とは【マインドセット】【啓発】

更新日:

「人間関係がうまくいかない」「出世できない」「ビジネスで成功したい」「自分を変えたい」、そんな悩みを抱える現代人。巷では、「○○をやれば成功できる」類の本で溢れかえっています。

読んではみたものの現実離れしていたり、実践には使えなかったり。「具体的に何をすればいいの?」そんな悩み答える本があります。それが「スティーブン・R・コヴィー著「7つの習慣」です。

この本は、「習慣を変えることで目標達成する」というもの。具体的に方法が示されているので、誰が読んでも実行できます。「7つの習慣」を読むことで、この世の原理原則を理解し習慣という武器を使って、人生をより向上させるノウハウを得ることができます。

ビジネスパーソンはもちろんのこと、主婦や学生、老若男女問わずおすすめの一冊です。

スポンサーリンク

ad




あらすじ

世界で最も影響力のあるアメリカ人25人に選ばれた人物、「スティーブン・R・コヴィー」彼の最も有名な著作がこの「7つの習慣」です。この本は、全世界で3000万部の売り上げを記録しています。

現代の自己啓発書は、この7つの習慣がベースになっていて、自己啓発書の大家といっても過言ではありません。ビジネス全般だけでなく、家庭、個人単位の活動など人生全般に共通する自己啓発書です。

7つの習慣は、大きく3つに分類されます。1章は「私的成功」するための習慣3つ。2章は「公的成功」するための習慣3つ。3章は「最新再生」するための習慣1つという構成です。個人単位から組織人まで、成功の仕方が具体的に示してあります。

 

7つの習慣で覚えておきたい3テーマのポイントとは

7つの習慣の中でも、まずは覚えておきたい3テーマにおけるポイントをご紹介します。

  1. 「私的成功のための3つの習慣」
  2. 「公的成功のための3つ習慣」
  3. 「最新再生のための1つ習慣」

1.「私的成功のための3つの習慣」

組織で成功するにも社会で成功するにも、まずは個人から始まります。

1つめの習慣は「主体的である」です。これは、周りの環境に左右されることなく、能動的に自分の反応(感情)を選択していくということです。「上司に文句を言われた」ではなく、「上司は自分の為に叱ってくれた」と解釈を変えます。

2つめの習慣は「終わりを思い描くことから始める」です。これは、目標達成のためにゴール設定をするということです。目標を決めずに事に流されるままでは、いつまでたっても自分の理想の人生を歩めません。

3つめの習慣は「最優先事項にフォーカスする」です。これは、ゴール設定に基づき、緊急ではないが重要な事項にフォーカスするということです。ただTVを眺めていたり、あてもなくネットサーフィンをしたりと、重要ではないことに時間を費やしてはいけないということです。

2.「公的成功のための3つ習慣」

個人で成功できたら、次は枠を広げて組織での成功を目指します。

4つめの習慣は「WIN‐WINを考える」です。これは、一人勝ちするのではなく、関わっている周りの人と共に咲くということです。勝ちの独り占めは、その瞬間だけで、後々足を引っ張られ、自他共に滅亡します。

5つめの習慣は「まず理解に徹し、そして理解される」です。これは、自分の事を理解してもらうために、まず相手に感情移入し相手の立場になって物事を見てみるということです。

6つめの習慣は「シナジーを創り出す」です。これは、一人では達成困難なことでもWIN‐WINの関係になった相手と協力し、相乗効果によって成果を上げるということです。

3.「最新再生のための1つ習慣」

最新再生とは、「自分という資源を常に更新し、常にメンテナンスする」ということです。

7つめの習慣は「刃を研ぐ」です。人間を構成する肉体、精神、知的、社会情緒の4つを絶えず研鑽していくということです。研鑽するだけでなく、省みてメンテナンスも怠らないということです。この習慣は、1から6までの習慣の基盤となるものです。

本書を実践に移すためには

本を読んでも実際に行動に移す人は、全体の20%ほどだと言われています。そして継続できるのは、その半分以下の数%です。なぜ継続できないのでしょうか?それはまさしく「習慣」になっていないからです。

どんなにいい方法を知っていても、それを活かし、習慣にできなければ、泡沫の夢となります。習慣化させるためには、まずは3日間、達成することを目指します。次に1週間、3週間、1か月と小さな目標と小さな達成を繰り返していきます。

徐々に体に慣れさせていく感覚です。3か月を過ぎる頃には、もうやらずにはいられない状態となるでしょう。

おわりに

フランクリン・コヴィージャパン株式会社では、「社内ファシリテーター養成コース」という企業向けに提供しているサービスがあります。名だたる大企業が次々と導入しているこのサービスは、本サイトがおすすめする「7つの習慣」がベースになっています。

成功したいと漠然と思っていても、何をしていいか分からない。企業だけでなく、個人でも通用するこの「7つの習慣」は、目標達成するための項目がすでに用意されています。それに従い、今の生活にインストールできれば、成果が出ることは間違いないと思います。

ad




ad




おすすめ記事一覧

-ビジネススキル
-

Copyright© SORISE , 2017 AllRights Reserved.