コラム マーケティング 経営

中小企業が生き残るための経営戦略 - 小さくても「キラリ」と光る武器を磨こう【中小企業】

更新日:

日本にある企業の99.7%を占めるが「中小企業」です。一般の人が思う以上に中小企業は日本の経済を支えているのです。そのような中小企業が厳しい経済環境の下で生き抜いていくためにはどのような考え方が必要なのでしょうか?

これから起業しようと考えている方にはお勧めの考え方です。

スポンサーリンク

ad




中小企業と企業経営

一般的に経営資源は「ヒト・モノ・カネ・情報」のことを言います。中小企業は、大企業に比べて圧倒的にこの経営資源が不足しています。逆に言えば、大企業は豊富な経営資源を活かして、多様なニーズに応えられるように事業活動を行っているのです。

中小企業、特に創業間もない時期にある企業にとっては、そのような多様なニーズのすべてに対応することはできません。

ではどのようにして厳しい競争環境を戦っていけばよいのでしょうか。

中小企業の生き残る道

中小企業が生き残る道、それは特定の分野・商品に特化して勝負をかけることです。

これまでの自分の経験を活かして起業しようとしたときについつい考えてしまうのが、「様々なニーズに応えられるように商品・サービスを幅広くしておこう」ということです。

これは一見すると正しいように思われるかもしれませんが、そうではありません。幅広く対応しようとするために、結局何を売りにしたい店なのかわからないという状態になってしまうのです。

「何を売りにしている店かわからない」というのは、創業時期の企業にとって致命的です。創業してこれから顧客を増やしていこうとするときに「何のお店かわからない」のでは、なかなか顧客はついてきません。

自社の「売り」を明確にするために、特定の分野・商品に特化することが必要なのです。

特化すべき分野・商品とは?

それではどのような分野・商品に絞っていけばよいのでしょうか?それは、自社(自分)の強みが生かせる分野・商品になります。

「強みがある」とは、「業界内において他社よりも優れている、競争力がある」ということです。自社(自分)の強みが生かせなければ、その分野を強化するための時間や手間がかかってしまいます。その間に強みだった部分も伸び悩んでしまいます。

そのような状態を避けるため、まずは自社(自分)の強みを生かせる分野に注力して、その強みをさらに伸ばしていくようにするのです。

おわりに

中小企業はまず自分たちの強みに特化すべきです。そこでまず事業の基盤となるものをしっかりと築き、それから新たな事業展開を検討するべきなのです。

あなたの企業の強みは競争環境を切り開いていく武器となります。その武器をしっかり磨いて、他社との競争をしっかり勝ち抜いていきましょう。

ad




ad




おすすめ記事一覧

-コラム, マーケティング, 経営
-, ,

Copyright© SORISE , 2017 AllRights Reserved.